作業者

シャッターを壊れたまま放置しておくのは危険

車を所有する方に最適です

倉庫

手動タイプのシャッターは工事費込みでおよそ10万円程度の費用となります。一方で電動タイプの場合は20万円ほどで取り付けることができます。 ただ、シャッターの交換には撤去の費用が別途発生するので、予算を決定する際にはその点に注意すべきでしょう。

雨戸を交換する

シャッター

電動式にするメリット

窓に取り付けるシャッターには手動と電動のタイプがあり、一般的な住宅には手動のタイプが設置してあります。手動と電動のシャッターは使い勝手が大きく異なり、電動の方が楽に使用する事ができるため、業者に依頼して取り替える人が増えています。業者に依頼してシャッターを電動のタイプに取り替えるメリットとしては、軽量の手動式よりも電動の方が防犯性が高くなる事です。手動のシャッターは手で持ち上げて動かす事ができますが、電動はモーターで動くため、手では動かす事ができません。そのため泥棒が外から住宅に侵入しようとしても、電動シャッターが取り付いていれば安心です。また電動シャッターは手動に比べて開閉音が静かで、早朝や深夜に開閉しても近隣の住民に迷惑がかかりません。家族が寝ている時間帯でも電動であれば、問題なく使用する事ができるため、業者に取り替えてもらうメリットは大きいです。手動のシャッターは使用するときに、窓を開けて持ち上げる必要があり開閉の手間がかかります。業者に依頼して電動のシャッターに交換することで、スイッチ一つで開閉を行えるため負担が減ります。窓を開けて手動のシャッターを開閉すると、夏は虫が入ってきますし、冬は冷たい空気が部屋に入ってきます。風が強い日に雨が降っていれば、開閉するだけで部屋の中に雨が入って大変です。電動シャッターに交換することで、窓を開けずに開閉をする事ができるため使い勝手が良いです。

スピーディーに修理可能

ガレージ

シャッターは一度壊れると自然に直ることはないので、すぐに修理作業をやってもらいましょう。費用としては10万円前後となっていて、クレジットカードでの支払いに対応していて、分割払いで済ませることも可能です。

戸建ての備え

シャッター

シャッターを取り付けるメリットは、防犯や災害の対策になることです。また夏の暑い日差しを遮る効果も期待できます。取り付ける業者の選ぶポイントは、実績のある業者を選ぶことです。また適切な料金設定であるかどうかもチェックします。