作業者

シャッターを壊れたまま放置しておくのは危険

車を所有する方に最適です

倉庫

手動と電動

都会の場合は一軒家の一階を駐車のためのガレージにする方が少なくありません。ただ、雨ざらしにしておくと車の劣化を早めるのでシャッターを取り付けることをおすすめします。ただ、一概にシャッターといってもさまざまな種類がありますが、手動タイプと電動タイプの2種類に分けられます。 手動タイプの場合は自分の力で開閉するので電気代がかからないメリットがあります。また、工事費込みで10万円ほどで取り付けることができるので、予算が少ない方に適しています。ただ、人力で開けるので筋力がない方の場合はうまく上げることができないデメリットがあります。 一方で電動タイプの場合はスイッチを押せば簡単に開閉することができるので、女性やお年寄りでも利用しやすいメリットがあります。ただ、工事費も含めて20万円以上かかるので、予算が限られている方には注意が必要です。 シャッターを新しく取り付けるのではなく、交換する場合は撤去費用が掛かります。その費用は一般的には数万円ほどかかるので、交換の際にはそれを含めて予算を決める必要があります。また、修理の場合は1万円から行うことができるので、破損や故障が軽度であればまず修理することをおすすめします。 そのため、ガレージにシャッターを取り付ける際には予算や用途に応じて選ぶことをおすすめします。また、工務店では無料で見積もりをしてくれることが多いので、興味がある方は一度見積もりを取ることをおすすめします。